技術開発

新技術活用システム NETIS登録

  • ●技術名称:汚濁防止膜の変形抑制装置
  • ●NETIS登録番号:QSK-120006A
  • ●概要:本技術の活用により、床堀能力の向上と汚濁防止膜の損傷防止による作業環境・周辺環境の向上が期待できる。
  • ●使用実績:
    • 福岡県発注 苅田港新松山地区岸壁(-7.5m)整備工事(1工区)
    • 福岡県 H26年度 苅田港新松山地区泊地(-7.5m)浚渫工事
    • ※九州・沖縄 施工業者より多数 問い合わせ有り

実用新案取得 浮標 第3165404号

海洋工事の汚濁防止膜展張時や漁業者の網入れ時の浮標に、高波浪時及び悪天候下でも視認しやすい標識灯です。
上部にレーダーリフレクタを装着しているので、夜間航行中の小型船舶や操業中の小型漁船が探知しやすく、点滅灯を装着しているので、汚濁防止膜の展張位置が速やかに確認できるとともに、網入れ位置が的確に把握できます。

使用実績

  • 北九州市発注:脇田漁港利用調整(防波堤1)工事
  • 北九州市発注:改修響灘護岸(防波)工事
  • 福岡県発注:苅田港新松山地区岸壁(-5.5m)整備工事

ページトップへ

Copyright (C) IKEMAGUMI CORPORATION. All rights reserved.